社員研修の大事さと社会人としての自覚!知って納得する情報

新人社員の研修はとっても意味があります。

面接した会社に入社した後、まず初めに実施される行事が社員研修になります。会社が自分を含め、採用した社員がどのような人間性を持っているのか、または会社でやっていけるのかをはかる大事な行事です。そして新入社員側も会社の中身を知る最初の一歩となります。研修を通して、自分のいい部分と、弱い部分を自ら把握し修正できるチャンスでもあります。ここでどう自分をアピール出来るかでその会社のスタートが変わってきます。大事な事なので真剣に取り組みましょう。

会社は色んな角度から社員を見ています。

社員研修では、それぞれの会社が独自の方法で社員研修を実施し、新入社員の事をみています。中には山に登って精神力や体力面、またはグループの結束力などを試す会社もあります。それ以外にも無人島で数日滞在したり、保育園での研修をしオムツを変えたりなどの研修を行うところも。保育園の研修をする会社も保育の仕事とは全く違った業種です。お客様の層が子供連れの多い仕事だったりすると、そういう研修になったりします。一見関係ないように見えて実は相当大事。

同期の新入社員との仲も深めれます。

社員研修は本来、会社が新入社員に、会社を理解してもらうのと同時に、会社が社員の内面を見ることを主に実施しています。それ以外にも一緒に研修に参加する同期の社員との最初の作業になります。同じことを経験し、同じ内容で悩むことで、信頼関係がうまれ、その後大きな信頼関係へとつながっていきます。絆が深まると今後仕事もしやすくなり、その会社にいる以上大事な宝となっていくでしょう。ここでどう向き合うかで社会人としての成長も変わってきます。

社員教育の内容に工夫をするには、現場のスタッフに聞き取りを行うことで、興味のある分野のテーマを提示することがおすすめです。