自作パソコンにはメリットもデメリットもありますよ

自作パソコンはコストが安いです

デスクトップパソコンやタワー型のパソコンはメーカー製もありますが、本当に好きな人は自分でパーツを購入してきて作成します。メーカー製のパソコンだと人件費などや郵送代がかかっていますが、自作パソコンだとそれらのコストがかからないのでメーカー製のパソコンよりもかなり安くなります。安いとは言っても部品ひとつひとつはきちんとしているので、品質は間違いないです。部品ごとに保険がかかっているので、万が一故障しても安心ですよ。

好きなようにカスタマイズ可能ですよ!

自作パソコンだと部品を自分で選ぶので、自分で好きなようにカスタマイズ可能です。ゲームが好きな人にはグラフィックに強いように出来ますし、音楽を聴きたい人だと、スピーカー機能を強くする事もできます。パソコンにはメモリやCPUなどの重要な部品が付いています。メーカー製のパソコンだとこのような部品を自由に触ることは禁止されていますが、自作パソコンだと自分が好きな部品メーカーの部品を使用する事ができますよ。

自作パソコンだとトラブルに自分で対応する事が必要

メーカー製のパソコンだとトラブルが起きた場合には、カスタマーサービスセンターが対応するので安心して利用できます。しかし自作パソコンの場合だとメーカーのカスタマーサービスセンターを利用する事は出来ません。そのため自分でパソコンを作成したときにはある程度のトラブルには自分で全て対応する必要があります。パソコンの仕組みについて分からない場合には、電器屋などが主催しているパソコン教室に参加する必要がありますよ。

プリント基板実装とは、プリント基板の穴に部品を差し込んではんだで付けることです。機械の固定を行う工程です。